いまさらな台湾旅行のコツ(だけど重要)

★ 悠遊カードは絶対作ったほうがいい!

よーよーかー、もしくはeasycardで通じます。
台湾のだいたいの交通機関やコンビニで使えます。
カードはコンビニで買ってチャージもできます。
九份に行くバスもこれでオッケーです。
小銭をちまちま用意しなくていいので本当に便利です。
3泊くらいでバスガンガン乗るぜって感じならとりあえず1000元(約4000円)くらい最初にチャージしておいて、残高がなくなったらコンビニでチャージ!って言えばしてくれます。
バスで残高不足になったらめんどくさいので確認はマメにしたほうがいいかも(汗)
私は2000元くらい使いますねー(ほとんどコンビニ利用)
台中市は近場なら無料で乗れちゃいます。

悠遊カードのアプリがあるので残高や利用履歴をチェックできます。
ただ反映は即時ではなく数日かかることも。。。

App Storeからダウンロード
Google Play で手に入れよう

★ よく変更になる九份行きのバス停留所2017年夏(基隆客運1062系統)

この時はここでした。↓
Google mapの検索バーにこの座標を入力→ (25.0411442,121.5436300) → 経路 → 電車アイコンか人アイコンで行き方確認

ここをストリートビューで見るとちょうど九份行きのバス来てます!!(笑)

Google mapで行き方を調べるとバスの時刻まで表示されます。
実際にバスが来る時間とそれほどズレがあるようには感じませんでしたが1062系統は特に時間どおりには来ません!!

ちなみにバス停に並ぼうとするとタクシーのおっさんが声をかけてくるので完無視か毅然とした態度でノーサンキューするか、ヘラヘラ笑いながら首を横に振り手を振りで拒絶するかしてください。
4、5人相乗りならタクシーの方が安くなる可能性はあるかも??
だけどバスは流れる景色がよく見えるし、なんか安心だし、私は現地友達がいない時はできるだけタクシーは使いません。
乗るならホテルから呼んでもらったタクシーくらいです。

★ 九份から帰るとき優越感に浸る方法

ひとつ奥のバス停から乗ってください!
老街のバス停は行列でもこっちからだと余裕で乗れます。
って、ちょっと考えたら誰でもすぐにわかることですね。。。
Google map の検索バーにこの座標を入力→ (25.1120656,121.8480540) → 経路 → 人アイコンの徒歩を選択
老街のセブンから体感5分くらいでした。

↓奥に見える小さなオレンジの瓦屋根の建物の辺りです。

※老街からここにたどり着く少し手前に別のバス停があるので要注意です!

★ レンタルWifiのおすすめ

※ネット接続はプリペイドSIMが安いですがここではあえてWi-Fiでのオススメを……
IVIDEOが私のおすすめです。
ネットで申し込んで料金はカードで事前決済です。
桃園空港のセブンイレブンで受け取り、帰る時また桃園のセブンに返却します。
返却は桃園じゃなくてもibon(ローソンのloppiみたいなの)設置のコンビニならどこでもオッケーです。
受け取りはお家に送ってもらうってパターンもたぶんあります。
帰りも関空で返却できたはずですが、フライトが遅くて無理でした。

設定もどんくさい私でもできたので誰でもできます!
レンタルしたのはこちら→ TWN 4G LTE 使い放題[充電能力強化Ver.]
充電大丈夫かなぁ、、、とかそんなことに気を揉みたくないのでガツンとコイツにしました。
3泊4日で720円でした。
1ヶ月くらい前だと早割があったりして1日240円とかなので要チェックです!
こちらからどうぞ→ iVideo
比較したのはイモトのWi-Fi、グローバルWi-Fiでした。

★ 飛行機は人によりけりだけどやっぱPeachがいいと思った

JALで行ったこともあります(1回だけ!)。
小さな子供ちゃんがいるとかでない限り私はLCCで十分だと思いました。
3時間くらい寝てたらあっという間ですから。
しかしながら昨年初めてエバーで行きました。安かったので…。
機内食もまぁまぁ美味しかったです。
チキンの炒め煮みたいな感じ。
行きはベタな台湾煮物、煮玉子入り五香粉のきいた魯肉飯もどきでした。
チャイナエアラインより食に関して現地思考って感じです。
ちなみにチャイナエアラインとエアチャイナとは別物です。

エバーの機内食↓

チャイナエアラインの機内食↓

エバーを利用した結果めちゃくちゃ疲れました。
なぜなら、、、、

・ターミナルに他の航空会社もいっぱい入っているのでイミグレが激混み!2時間くらいかかりました!!
・その点、Peachだとイミグレに並んでるのは自分の乗ってた便の人たちだけとかあるので空いてます。
・たまたまでしょうが乗ったエバーはすごく小さな機種で、搭乗口からさらにすし詰めのバスに揺られてからの搭乗でした。結局Peachとさほど遠さは変わらない。
・関空だと第2ターミナルはPeachだけなので待合から飛行機まで近いです。第1ターミナルの航空会社だと待合からモノレール的なものに乗らないといけません。
・Peachの時間設定が良い。早朝の便で行けてかなり遅い時間まで台湾に滞在できる便がある。
・これは何の根拠もないのですが、、、とても飛行機好きのお年を召したお友達がいましてファーストクラスばっか乗っててJALからなんか色々もらってるくらいの人で、その人が「僕はLCCには乗らない。どうしても乗るならPeachだね」と言ってました。使ってる機体が他のLCCよりマシだそうです。本当になんの証拠もないのであしからず

Peachにするデメリットは…

💀関空利用でMKの乗り合いタクシーを使う場合、Peachだと行きは第2ターミナルまで送ってくれます。けれども帰りは連絡バスに乗って自分で第1ターミナルのMK窓口まで行かなくてはいけません。スーツケースはバス内に持ち込みなので重いとかなり大変です。その連絡バスを降りてからも結構歩きます(体感10分以上)。
💀帰りの桃園で、Peachは飛行機の待機場所が一番端っこなのでかなり歩きます。

まとめると
◎機内食いらない
◎最大限の時間を台湾で過ごしたい
◎長蛇の列が嫌
◎狭くても3時間なら我慢できる
◎元気
◎LCCの中でもまだマシな機体を使ってると言う爺さんを信じる
◎JALで行ける経済力があるならJALで行きたいが。

こういう場合は断然Peachがおすすめです!
でももしPeachより安い、いい時間にフライトがあるとかならチャイナエアラインがオススメです!!

思い出したらまた追加していきます!

サイト内検索

シェアする

フォローする